札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

毎日新聞へ抗議

本日午後2時半すぎに、5日の逮捕事件に関し、住所まで含む実名報道をしでかした毎日新聞(東京本社)に抗議に行ってきました。編集には関係のない部署(広報・総務)の人間が出てきましたが、編集局に伝えた上で対応するとのことで、抗議文書を手交して帰ってきました。
   18:02 | Trackback:1 | Top
 
 

【引き続き】不起訴処分団体賛同呼びかけ

(転送歓迎)

札幌サウンドデモ7・5救援会から、団体署名にご協力いただいた方々、この不当弾圧に注目いただいている方々にお礼と現在の状況をお知らせします。

G8サミットから1ヶ月が経ちます。300億円の警備費、全国から21000人の警官を投入して、ホームレスの人や外国人への尋常でない職質、入管での入国拒否、市民生活を監視し、管理統制したあの警備体制はなんだったのかと検証されねばなりませんが、7月5日に行われた「チャレンジ・ザ・G8サミット10000人のピースウォーク」で不当な逮捕がされたことも、まだかたがついていません。

・7月16日、処分保留のまま釈放されたことを受け、7月28日、不起訴処分要請書と全国から寄せられた署名243筆を札幌地検に届け、その後、記者会見しました。
・その後、8月11日まで担当検察官が不在であること、この事件についてほかの検察官に交替してはいないこと、したがって少なくとも中旬以降に処分決定がずれ込むことがわかりました。

 被疑者として置かれる不条理にめげず、早急に「嫌疑なし」(無実)の不起訴処分を出して人権の保護、名誉回復をするようにと訴えていきたいと思います。
 
 救援会の日程確認も不十分で申しわけありませんが、団体署名を引き続きお願いします。
 こんどの締め切りは8月11日です。
 以下は、前回呼びかけと同文です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 札幌サウンドデモ7・5救援会では、「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」の被弾圧者が処分保留のままの釈放されたことを受けて、札幌地検に対して早期不起訴を求める要請書を提出することとしました。つきましては不起訴決定のお力添えとして、この要請書への団体賛同を募集します。
 以下の要請の内容をご勘案のうえ、ぜひ賛同署名にご協力ください。署名は団体名だけでけっこうです。FAXか電子メールなどでお寄せください。よろしくお願い申し上げます。
なお、締め切りは8月11日(月)までとさせていただきます。12日に地検に持参予定です。

(賛同宛先)
札幌サウンドデモ7・5救援会
FAX: 011-641-0817
E-mail: j5solidarity@riseup.net


(要請書の内容)

札幌地方検察庁
担当検察官(大野検事)様



「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」で逮捕された3名を
 すみやかに不起訴処分とするよう求める要請書



 さる7月5日の午後に行われた「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」には5000人もの多様な人々が集まり、札幌市街を歩きました。このピースウォークは平和裡に行われましたが、G8サミット警備という名目で全国から動員された警備公安警察・機動隊が行進を取り囲み、マスメディアや通行人に向かって、あかたもピースウォークが危険なものであるかのように描き出そうとしました。
 さらに警察は、ピースウォークに合流していた、トラックの荷台に音響機材を積んで音楽を流して歩くいわゆる「サウンドデモ」の部分に対し、過剰な警備をもって臨み、DJや運転をしていただけの人を見せしめのようにして逮捕していきました。このとき、警察の暴力的介入を記録していたロイターのカメラパーソンも逮捕されています。
 ロイター関係者は勾留請求されないまま釈放されましたが、残る3人のウォーク参加者は「道交法違反」「札幌市公安条例違反」「公務執行妨害」と決めつけられ、8日に勾留を決定されました。そして16日にようやく処分保留のまま釈放されました。

 ピースウォークは、札幌市の公安条例に従い、DJの荷台乗車を含みこむ形式で申請され、公安委員会に許可されたものでした。それにもかかわらず、トラックの荷台でDJを務めていた2人のささいな言動をとらえて同条例違反や道交法違反で、トラックの運転手を務めていた人にいたってはありもしない公務執行妨害をでっち上げて現行犯逮捕し、3人とも12日間にわたって身柄拘束までしなければならないのでしょうか。これは、憲法が保障する言論表現の自由を著しく侵害する行為であり、民主的社会への重大な挑戦です。到底許されることではありません。

 そもそも、検察官は、公益の代表者として、警察による捜査の行き過ぎを是正する役割を課せられているはずです。最近、氷見市や志布志市などで相次いだ冤罪事件について、最高検察庁は自省の態度を明らかにしていますが、こうした点からしても、貴検察官には全国動員された警察の捜査活動を質す役割が期待されています。
 それにもかかわらず、検察官が、フレームアップとも言うべき3人の不当逮捕を支持し、10日間の勾留請求に及んだ上で接見禁止決定まで請求したことは、強く批判されなければなりません。

 貴職が、3名の勾留延長請求をせずに釈放指揮をとられたことは、当然とはいえ評価できるものですが、3名は今なお被疑者という不安定な地位に置かれており、1日も早く不起訴としてかかる地位から解放されるべきです。
 よって、私たちは、貴職に対し、ピースウォーク参加者であるDJ2名と運転手とをすみやかに不起訴処分とするよう、ここに強く要請いたします。

2008年8月 日

札幌サウンドデモ7・5救援会
北海道札幌市白石区菊水1条1丁目3-8

【賛同団体 50音順・8月11日現在】
   12:27 | Trackback:0 | Top
 
 

【引き続き賛同お願い】不起訴要請!

報告が遅くなりました。団体署名にご協力いただきありがとうございました。7月28日に不起訴処分要請書と全国から寄せられた署名243筆を札幌地検に届け、その後、記者会見しました。
 ところが、当初、7月いっぱいには処分を決定するということで「ぜひ、不起訴処分に」と緊急、短期間に署名をお願いしたものでしたが、提出後、8月上旬に処分決定がずれこむもようであるとわかりました。
 検察としては事務的な延長かもしれませんが本人たちもまわりも処分保留のまま置かれる不条理さをかみしめています。
 そこで、引き続き団体署名をお願いするしだいです。もし、期間が短く署名できなかったという団体の方たちがおいででしたらぜひ、よろしくご検討ください。
 こんどの締め切りは8月4日です。
 以下は、前回呼びかけと同文です。

 札幌サウンドデモ7・5救援会では、「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」の被弾圧者が処分保留のままの釈放されたことを受けて、札幌地検に対して早期不起訴を求める要請書を提出することとしました。つきましては不起訴決定のお力添えとして、この要請書への団体賛同を募集します。
 以下の要請の内容をご勘案のうえ、ぜひ賛同署名にご協力ください。署名は団体名だけでけっこうです。FAXか電子メールなどでお寄せください。よろしくお願い申し上げます。
なお、締め切りは8月4日(月)までとさせていただきます。5日に地検に持参予定です。


(賛同宛先)
札幌サウンドデモ7・5救援会
FAX: 011-641-0817
E-mail: j5solidarity@riseup.net


(要請書の内容)

札幌地方検察庁
担当検察官(大野検事)様


「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」で逮捕された3名を
すみやかに不起訴処分とするよう求める要請書

 さる7月5日の午後に行われた「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」には5000人もの多様な人々が集まり、札幌市街を歩きました。このピースウォークは平和裡に行われましたが、G8サミット警備という名目で全国から動員された警備公安警察・機動隊が行進を取り囲み、マスメディアや通行人に向かって、あかたもピースウォークが危険なものであるかのように描き出そうとしました。
 さらに警察は、ピースウォークに合流していた、トラックの荷台に音響機材を積んで音楽を流して歩くいわゆる「サウンドデモ」の部分に対し、過剰な警備をもって臨み、DJや運転をしていただけの人を見せしめのようにして逮捕していきました。このとき、警察の暴力的介入を記録していたロイターのカメラパーソンも逮捕されています。
 ロイター関係者は勾留請求されないまま釈放されましたが、残る3人のウォーク参加者は「道交法違反」「札幌市公安条例違反」「公務執行妨害」と決めつけられ、8日に勾留を決定されました。そして16日にようやく処分保留のまま釈放されました。

 ピースウォークは、札幌市の公安条例に従い、DJの荷台乗車を含みこむ形式で申請され、公安委員会に許可されたものでした。それにもかかわらず、トラックの荷台でDJを務めていた2人のささいな言動をとらえて同条例違反や道交法違反で、トラックの運転手を務めていた人にいたってはありもしない公務執行妨害をでっち上げて現行犯逮捕し、3人とも12日間にわたって身柄拘束までしなければならないのでしょうか。これは、憲法が保障する言論表現の自由を著しく侵害する行為であり、民主的社会への重大な挑戦です。到底許されることではありません。

 そもそも、検察官は、公益の代表者として、警察による捜査の行き過ぎを是正する役割を課せられているはずです。最近、氷見市や志布志市などで相次いだ冤罪事件について、最高検察庁は自省の態度を明らかにしていますが、こうした点からしても、貴検察官には全国動員された警察の捜査活動を質す役割が期待されています。
 それにもかかわらず、検察官が、フレームアップとも言うべき3人の不当逮捕を支持し、10日間の勾留請求に及んだ上で接見禁止決定まで請求したことは、強く批判されなければなりません。

 貴職が、3名の勾留延長請求をせずに釈放指揮をとられたことは、当然とはいえ評価できるものですが、3名は今なお被疑者という不安定な地位に置かれており、1日も早く不起訴としてかかる地位から解放されるべきです。
 よって、私たちは、貴職に対し、ピースウォーク参加者であるDJ2名と運転手とをすみやかに不起訴処分とするよう、ここに強く要請いたします。

2008年8月 日

札幌サウンドデモ7・5救援会
北海道札幌市白石区菊水1条1丁目3-8


【賛同団体 50音順・8月4日現在】
   22:51 | Trackback:0 | Top
 
 

【転載】7.5「チャレンジ・ザ・G8 1万人ピースウォーク」における4名の不当逮捕・3名の勾留に抗議し起訴しないことを求める

声明

7.5「チャレンジ・ザ・G8 1万人ピースウォーク」における4名の不当逮捕・3名の勾留に抗議し起訴しないことを求める

2008年7月28日
松本ウルトラQ

 洞爺湖における「G8サミット」開会を2日後にひかえた7月5日、札幌では国内外から5000人にも及ぶ人々が参加して「チャレンジ・ザ・G8  1万人ピースウォーク」が行われた。非暴力で自由な表現をして歩くピースウォークを重装備の警察・機動隊がとりまき、過剰警備をしていたことは多くの市民が目撃し、体験し、さまざまなメディアが報じている。この中でサウンドデモを行っていた隊列に対し、警察の不当な弾圧が加えられ、ディスクジョッキー2名とサウンドトラック運転手1名、さらに取材中のメディアカメラマン1名が逮捕された。サウンドデモは札幌市公安条例にのっとって「許可」どおりに行われていたにもかかわらず、警察はDJを荷台から引きずり下ろし、トラックの窓ガラスをたたき割って運転手を引っ張り出して逮捕した。この際、運転手は怪我を負わされている。
 その後、メディアカメラマン1名は釈放されたが、他の3名は10日以上も不当に勾留され、16日に処分保留のまま釈放された。
 私たち「松本ウルトラQ」は、2005年8月15日、戦争反対を訴えつつ、靖国神社への歩道を歩いていて逮捕された仲間を救援するために組織された救援会である。3年前の8.15弾圧は、国家が自国の戦死者を顕彰する場に、これに反対する者が近づくことに対してなされたのであり、靖国神社の本質そのものと切り離すことはできない。同様に7.5札幌のピースウォークに対する弾圧は「G8サミット」そのものと切り離すことができない。
 とてつもない金持ちで、とてつもない軍事力をもつ8カ国首脳が世界の頂上(summit)を自称して集まる「G8サミット」は、みずからが引き起こしてきた環境破壊や戦争、貧困といった問題の責任をいっさい取ることなく、洞爺湖サミットの議長総括においてはさらなる市場開放や投資をうたっている。そして、戦争や貧困が大きな原因となる「テロ」や「過激化する個人」(司法・内務大臣会議総括宣言より)は「兆候の早期把握」(同)につとめるとする。まさに、この「G8サミット」の思想どおり、ホスト国日本が「過激化する」と見なす韓国の労働者や農民を空港に留置し追い返した。そして、警察権力は「過激化する」と見なす自国の市民を不当に逮捕・勾留したのである。
 しかるに、札幌ではただちに逮捕・勾留された3人の救援会がつくられ、いくつもの運動体が弾圧に対する抗議・糾弾の声明を発した。日本のあちこちやマニラ、ベルリンでも不当逮捕に対する抗議行動が行われた。そして獄中の3人を取り戻した。しかし、不当にも処分保留のままである。
 私たちは、サウンドデモという表現そのものと表現者に対する警察、検察一体となった弾圧を許さない。そしてこの弾圧に体現された「G8サミット」を認めない。

 札幌地検は即刻3名の仲間の不起訴を決定しろ
   23:16 | Trackback:0 | Top
 
 

7・5ピースウォーク逮捕者の不起訴を求める要請書への団体賛同をお願いいたします

札幌サウンドデモ7・5救援会では、「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」の被弾圧者が処分保留のままの釈放されたことを受けて、札幌地検に対して早期不起訴を求める要請書を提出することとしました。つきましては不起訴決定へのお力添えとして、この要請書への団体賛同を募集します。

以下の要請の内容をご勘案のうえ、ぜひ賛同署名にご協力ください。署名は団体名だけでけっこうですが、公開不可の場合はその旨明記したうえで、FAXか電子メールなどでお寄せください。締め切りは7月26日(土)(の夜)とし、28日に提出します。時間に余裕がありませんが、よろしくお願い申し上げます。

※転載・転送歓迎します


(賛同集約先)
札幌サウンドデモ7・5救援会
FAX: 011-641-0817
E-mail: j5solidarity@riseup.net


(要請書の内容)

札幌地方検察庁
担当検察官(大野検事)様

「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」で逮捕された3名を
すみやかに不起訴処分とするよう求める要請書

 さる7月5日の午後に行われた「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」には5000人もの多様な人々が集まり、札幌市街を歩きました。このピースウォークは平和裡に行われましたが、G8サミット警備という名目で全国から動員された警備公安警察・機動隊が行進を取り囲み、マスメディアや通行人に向かって、あたかもピースウォークが危険なものであるかのように描き出そうとしました。
 さらに警察は、ピースウォークに合流していた、トラックの荷台に音響機材を積んで音楽を流して歩くいわゆる「サウンドデモ」の部分に対し、過剰な警備をもって臨み、DJや運転をしていただけの人を見せしめのようにして逮捕していきました。このとき、警察の暴力的介入を記録していたロイターのカメラパーソンも逮捕されています。
 ロイター関係者は勾留請求されないまま釈放されましたが、残る3人のウォーク参加者は「道交法違反」「札幌市公安条例違反」「公務執行妨害」と決めつけられ、8日に勾留を決定されました。そして16日にようやく処分保留のまま釈放されました。

 ピースウォークは、札幌市の公安条例に従い、DJの荷台乗車を含みこむ形式で申請され、公安委員会に許可されたものでした。それにもかかわらず、トラックの荷台でDJを務めていた2人のささいな言動をとらえて同条例違反や道交法違反で、トラックの運転手を務めていた人にいたってはありもしない公務執行妨害をでっち上げて現行犯逮捕し、3人とも12日間にわたって身柄拘束までしなければならないのでしょうか。これは、憲法が保障する言論表現の自由を著しく侵害する行為であり、民主的社会への重大な挑戦です。到底許されることではありません。

 そもそも、検察官は、公益の代表者として、警察による捜査の行き過ぎを是正する役割を課せられているはずです。最近、氷見市や志布志市などで相次いだ冤罪事件について、最高検察庁は自省の態度を明らかにしていますが、こうした点からしても、貴検察官には全国動員された警察の捜査活動を質す役割が期待されています。
 それにもかかわらず、検察官が、フレームアップとも言うべき3人の不当逮捕を支持し、10日間の勾留請求に及んだ上で接見禁止決定まで請求したことは、強く批判されなければなりません。

 貴職が、3名の勾留延長請求をせずに釈放指揮をとられたことは、当然とはいえ評価できるものですが、3名は今なお被疑者という不安定な地位に置かれており、1日も早く不起訴としてかかる地位から解放されるべきです。
 よって、私たちは、貴職に対し、ピースウォーク参加者であるDJ2名と運転手とをすみやかに不起訴処分とするよう、ここに強く要請いたします。

2008年7月28日

札幌サウンドデモ7・5救援会
北海道札幌市白石区菊水1条1丁目3-8


【賛同団体 50音順・26日現在】
   14:54 | Trackback:0 | Top
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。