札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

差入れの話

面会室6日にすったもんだの末、盗られた荷物を取り返したのですが、その後に救援会・友人で差入れをしてきました。勾留前の逮捕拘束という段階では接見授受は誰でもできます。今回は朝一番に検察に送致されてしまったので接見(面会)はできませんでしたが、差入れは弁護人でなくてもできるというわけでした。

が、ここでも札幌中央署の呆れた対応ぶり。

・まずノートを入れないなどという。(弁護士経由ならOK) 何で?
・正方形のやや小さめのフェイスタオルは入れないという。何で?
・フード付スウェットは入れないという。何で?
・半被は入れないという。何で?

被疑者留置規則(国家公安委員会規則)を各警察署がまちまちに運営しているのが留置の実態。根拠はこれでしょう。
(弁護人以外の者との接見授受及び自弁購入)
第三十一条
 留置主任官は、弁護人以外の者から留置人との接見又は書類その他の物の授受の申出があつたとき及び留置人からそれらの物の自弁購入の申出があつたとき は、捜査上又は留置場の保安上支障がある場合を除き、その便宜を図るようにしなければならない。この場合において、捜査上の支障の有無については、捜査主 任官の意見を聴かなければならない。
2 糧食の差入れおよび自弁購入は、これを禁止してはならない。
3 糧食の差入れおよび自弁購入は、特別の事情のある場合を除き、警察署長が指定する業者が調製し、または取り扱うもので、かつ、警察署長が定める種類および分量によつて行なわせるものとする。
4 第一項および第二項に規定する接見または書類その他の物の授受もしくはそれらの物の自弁購入に当つては、接見に立ち会い、または授受もしくは自弁購入されるそれらの物の検査を行なわなければならない。
捜査主任官に確認もせずにとにかく留置係は「入れません」の一点張り。法的根拠は何だと糾す救援会の人間に対して、ある留置係がありもしない架空の名称を「法律」としてあげるという破廉恥ぶりに、かの人激怒。「規則でしかないものを勝手にやってるんだろ!」「ここに書いてるダメだっていうリストは単なる内規だろ! だから署によってまちまちなんだろ、おかしいじゃないか」…「入れません」

結局、「入れない」ものを入れられませんでしたが、Tシャツ、下着、靴下、歯ブラシなどの日用品を差入れてきました。

しかしねえ、小さめのタオルくらい入れなさいよ。一定の長方形のものでなければならないというなら、いったいどのような「捜査上又は留置場の保安上」の「支障」があるのか、札幌中央署は合理的に説明する責任があるでしょう。「入れません」呪文は聞き飽きました。強盗警備課といい、嘘つき留置係といい、思わず怒鳴りたくなりますが、これからもきちんと札幌中央署の無理無体ぶりを詰めていきます。
スポンサーサイト
   15:19 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/7-2921ec55
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。