札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

警察による私物強奪──トラック・その他について

札幌中央署での検察送致で逮捕された人たちを激励したあと、強奪されたトラックを還付しろと中央署警備課に要求しましたが、埒が明かず。こちらが「押収品の捜査資料は検事に送ってるんでしょ? だったらもうトラックを押さえている必要はないじゃないか」といっても、河田警備課長は「検事が押収品を直接見る必要があるかどうか判断するから」と譲りませんでした。なお、逮捕された運転手の被疑事実である「公務執行妨害」の「証拠」として押収したのだと同課長は言明しています。

窓ガラス破壊の跡2窓ガラス破壊の跡1しかしいずれにしてもこのトラックはレンタカーであり、レンタル遅延金や、破壊された運転席の窓ガラスや助手席側のサイドミラーの修繕費については、「器物損壊」した警察が負うべきものです。私たちは中央署地下の車両置き場でトラックと荷台などの状況確認をする際、これらの損害金に関して警察に補償してもらいますと何度も告げたところ、河田課長は絶句しながら最終的には「おれは払わないからな」と逃げ腰。しかし私たちは特定の警察官に負担してもらおうとは思っていません。筋からいえば、押収した札幌中央署に請求書を回すことになります。

さらに、これもレンタル品だったジェネレータ(発電機)も踏みにじられており、上部がへこんでいました。運転手逮捕の際、大阪府警所属とおぼしき公安警察官が荷台に鈴なりになっていた状況が動画や写真で確認できるため、おそらくそのときに破損させられた可能性が濃厚です。サウンドデモを実行する側はとうぜん機材を大事に扱うからです。いったいどうしてくれるんでしょうか。

さて、トラックに残されていた音響機材などのその他の荷物については「還付する」という話だったので、トラックの破損状況を確認しながら荷物を整理していた際、それらの荷物についての押収品目録を交付しろと要求したところ、河田警備課長は「トラック以外は押収物じゃないから」。押収品でもないのに連絡もせず二日間も荷物を持っていったままって、それって要するにドロボーじゃないか!と詰めると課長沈黙。救援会側の追及で出てきた言い訳は「現行犯逮捕の証拠として押収に必要だったんだ」のみ。だったら実際には警察はウォークを流した後でトラックを運んだんだから、そのときにウォーク主催スタッフを立ち合せて荷物を降ろしてトラックだけ押収すればよかっただろう、それすらせずにトラックごと私物を持ってったんだから強奪・盗みじゃないかと話をすると、また絶句。いや、沈黙されても困るんですけど。

血痕2血痕1こ れは本当に心が痛む話ですが、運転席の状況を確認したところ、運転席前方のダッシュボードなど三箇所に血痕がくっきりと残されていました。公安警察・機動隊によって暴力的に引きずり出された際、運転手が怪我したという情報は弁護士接見により把握していましたが、あまりの惨状に言葉を失いました。警察による暴行凌虐に改めて怒りを表明します。

なんやかやで中央署では呆れ返ることばかりでしたが、結局、「盗品」の荷物はこちらでまとめて持ち帰りました。
スポンサーサイト
   14:56 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/6-ec66b14a
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。