札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

勾留理由開示公判・求釈明書

求 釈 明 書

札幌地方裁判所 御中
2008(平成20)年7月 日

被 疑 者   (略)       
弁 護 人   小  坂  祥  司

 上記の者に対する集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例違反、道路交通法違反被疑事件について、勾留理由開示公判に先立ち、釈明を求める点は、下記のとおりである。



第1 「被疑事実の要旨」について
  勾留状の被疑事実の要旨には「先導する普通貨物自動車(札幌100わ○○○○)の荷台から荷台上にあった旗竿を左右に大きく振り回し」(第1事実)、「先導する普通貨物自動車(札幌100わ○○○○)の荷台に乗車して同集団の先頭に位置し、旗竿を振り回すなどして、音頭をとり同集団のフランスデモ及びだ行進を扇動し」とあるが、
(1) 被疑者が旗竿を左右に大きく振り回したとすることについて、その行為はどのような疎明資料によって確認したか。荷台の後かたづけ行為と区別可能であったか。疎明資料に映像は提出されていたか。
(2) 旗竿を振り回すことと、「扇動した」ということは必ずしも直結するものではない。何故被疑者の行為を「扇動した」と判断したのか。被疑事実の要旨にも「旗竿を振り回すなどして」とあるが、「など」にはどのような行為があったのか。それはどのような疎明資料の何を見て確認したのか。

第2 勾留の必要性について
1 「罪証隠滅のおそれ」に関し
(1) 隠滅すべき罪証としてどのようなものを想定されているか。
(2) ビデオ及び写真の内容を直接確認されているか。
(3) 被疑者を現行犯逮捕をした警察官及び犯行を目撃したとする警察官の供述調書も確認されているか。何名分か。
(4) (2)(3)の他に隠滅される可能性がある証拠としてどのようなものがあるかを特定していただきたい。
(5) (4)の証拠の保全のためには、どのようにする必要があると考えているのか。

2 「逃亡のおそれ」に関し
(1) 本件の被疑事実で想定される刑罰と、被疑者の身元・職業・社会的地位等を考えてみた場合、それでも被疑者が敢えて逃亡する可能性があると考えるのか、その理由について説明いただきたい。
(2) 被疑者は、仮に起訴となった場合には正面から争う姿勢でいるが、そのような被疑者が刑事手続回避のため逃亡すると考えるか。
(3) 抽象的な可能性だけではなく、本件において被疑者が具体的に逃亡するおそれがあると考えているか。それを窺わせる具体的証拠があるか。

3 勾留の適法性・必要性について
(1) 本件逮捕の状況について、写真やビデオで確認されているか。
(2) デモ行進が憲法上保障された表現の自由(憲法21条)に属する権利であることに鑑みれば、本件のような公安条例の許可条件違反の有無、道路交通法違反の有無については、その違反があったかどうかの判断は、違反行為の有無の確認を含めて慎重・抑制的になされるべきであるが、このことについては共通の認識と判断して良いか。
(3) 警察官らの行為が、適法な職務行為かどうかについて、どのような資料に基づき、どのような基準により判断されたかを明らかにされたい。
(4) 本件逮捕が違法であれば、勾留も違法となる、との認識で良いか。
(5) 本件において、逮捕が適法と判断された根拠及びその根拠資料を明らかにされたい。

以上

---

※DJ一名の求釈明書です(被疑者名は伏せました)
スポンサーサイト
   18:16 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/53-efdf686c
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。