札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

【転載】「表現の自由」は誰のもの? ~サウンドデモ不当逮捕、不起訴処分をふりかえる市民集会~ に寄せて

■「表現の自由」は誰のもの? ■
~サウンドデモ不当逮捕、不起訴処分をふりかえる市民集会~
                              に寄せて

弁護士 小 坂 祥 司

 思ったことを思ったとおり言い、疑問に思うことを疑問だと言う。それを外に向かって表現すること。そのような自由のない世界など、私たちには想像することが難しい。意見表明すること、それを思い思いの方法でする自由。これは私たちが持っている基本的な権利です。
 G8サミットで行われた、あのものものしい警備は何だったのでしょうか。テロ対策を口実に全国の警察官が動員され、とうとう自衛隊まで待機させました。しかし、これらの警察力は、今回の逮捕劇のような、意見表明を行おうとする市民の活動に向けられたのです。しかも、その嫌疑とはこじつけとしか言いようがないものでした。裁判所までが、このような不当逮捕をチェックするどころか、その後押しをするかのような有様でした。
 しかし、実際にやっていないことをあるとすることはできません。逮捕された人は勾留満期前に釈放となり、不起訴となりました。これは裁判で有罪にすることが難しいだけではなく、逆にそこで逮捕の不当さが明らかにされることを避けたからだと言ってよいでしょう。
 G8に疑問を表明し、あるいは反対するという活動には何の問題もありません。むしろ必要でさえあります。そういう市民からの様々な声が集まって世論を形成していくのですから。政府にとっては、このような市民の活動は、うるさく、煙たい存在かもしれません。だから、今回のような方法で、市民の活動を押さえつけようとします。しかし、市民が活動することは基本的な権利です。政府もそれは否定できません。民主主義とは、市民が意見表明できることが基本にあり、様々な意見の中から多くの人が共感できるものが支持を得ていくというものです。G8に向けた活動をしていた人は、まさに民主主義を実践していたのです。
 ですから、今回のことでくじけないで下さい。警察に逮捕されることは、確かに市民にとっては恐ろしいことです。でも、間違ったことはしていないのです。だからこそ、たくさん支援が集まりました。彼らが釈放されたのは、市民からのたくさんの支援と、実際に何もしていないという事実の重みがあったからです。弁護士は、たくさんの支援があることや事実がどうであったかを明らかにする役割を果たしたに過ぎません。
 世の中にはまだまだおかしなこと、疑問のあること、反対したいことがたくさんあります。声をあげることがそれを変えていく第一歩だと信じています。これからの活動に、私も一市民としてエールを送りたいと思います。
スポンサーサイト
   02:16 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/51-8d94c104
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。