札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

【転載】抗議声明

抗議声明

 2008年7月5日、札幌でおこなわれた「チャレンジ・ザG8サミット1万人のピースウォーク」での警察の不当弾圧と過剰警備に怒りをこめて抗議する。
 G8、つまり洞爺湖に集まった主要8ヶ国の首脳・閣僚・官僚たちは、まさに世界的危機を推し進めた責任者である。戦争と新自由主義による世界的な荒廃の責任を問われ、批判と抗議のデモンストレーションにさらされるのは当然のことである。世界中の奴隷的労働や貧困、環境・生活破壊の問題を大企業の利益を基準にしてしか考えず、豪華なディナーを食べながら食糧危機を語るような連中のために、600億円もの税金(うち半分の300億円は警察に)を使い、イージス鑑「こんごう」をはじめとした陸海空の各自衛隊による対テロ戦争に準じる軍事展開までおこなうほうがおかしいのだ。
札幌での弾圧は、5000人が参加したというこのデモンストレーションのうち、サウンドデモ部分に対しておこなわれた。警察はサウンドシステムを載せたトラックを襲い、DJ2名を逮捕、警棒でトラックの窓ガラスを破壊し運転手を暴力的に引きずり出し逮捕、その様子を取材した報道関係者1名も逮捕した。
 マスコミに報道された警察発表はまったくのウソだらけで、誰も逮捕されるような違法行為をしていない。取り締まるべきはむしろ違法・無法な警察の暴力である。運転席には血痕が残っていたという。逮捕後、警察はまともに押収品目録も作らず、逮捕時の衣服や所持品が行方不明であるなど逮捕手続きも違法・デタラメである。いかにはじめからサウンドデモを破壊することだけが目的の逮捕であったかがよくわかる。
 報道関係者のみ7日に釈放されたが、あとの3人は弁護士以外の面会も許されず、現在も不当に勾留(監禁)されている。現行犯逮捕であれば証拠は現場にしかないはずなのに「罪証隠滅のおそれ」などと検察の言うままに勾留を認めた札幌地裁の石渡圭裁判官の責任も重い。
 また、最貧困の中で生存と生活を求めG8サミットに抗議せんとした野宿者運動の支援者や野宿労働者に対する不当逮捕弾圧も何件も立て続けに起きている。公安警察が主導し、免許証が実家の住所のままであったことや携帯電話を知人に貸したことなどを「犯罪」として、礼状なしの違法な家宅捜査までおこなうという無法ぶりである。また、日常的な尾行や監視などのストーカー行為にも目に余るものがある。
 このような警察の監視・弾圧体制を必要とするG8サミットこそ、自由と民主主義の敵である。私たちは一連のG8弾圧を絶対に許さない。
 この卑劣な弾圧を連帯と団結の契機に変え、たたかいはさらに拡大深化されるにちがいない。
 弾圧粉砕!
 今すぐ仲間をかえせ!

2008年7月13日
反戦と生活のための表現解放行動
スポンサーサイト
   12:21 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/32-4d79315d
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。