札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

抗議FAXキャンペーン終了のお知らせ

抗議FAXキャンペーン終了のお知らせ

みなさんのご協力ありがとうございました。釈放の力強い後押しになったと思います。FAXキャンペーンを終了します。

---

札幌中央警察署に抗議メッセージ(FAX)を!

 7月5日、札幌市で「チャレンジ・ザ・G8サミット1万人のピースウォーク」が行われました。ピースウォークには、およそ5千人もの人びとが参加し、それぞれが思い思いの表現方法でG8サミットにたいするアピールをしようとしました。
 しかし、デモ出発当初から、警察の警備体制は異常なものでした。デモ隊列を機動隊が盾でおしこめ、ときに威圧をかけることで、参加者の政治表現に規制をかけようとしてきました。
 とくに、トラックの荷台に音響機材をのせ、音楽をかけて歩くサウンドデモへの弾圧は激しく、札幌市の公安条例に準拠し、荷台乗車申請を出してデモを行っていたにもかかわらず、ジャーナリストをふくめて、DJ、運転手4名が逮捕されました。
 近年、サウンドデモは音楽にのり、若者が身を揺るがして最大限にデモ表現をしようという方法として注目を集めていました。今回の弾圧は、そうした表現があたかもデモ参加者を暴走させ、それを扇動するのがサウンドカーなので予防的に拘束することもやむなしと思わせる逮捕劇を人通りの多いところで展開し、G8サミットの警備の過剰さを肯定して見せたものでした。
 それは、表現の自由というわたしたちの正当な政治的権利を奪う行為にほかなりません。
 現在、ジャーナリスト1名は釈放されましたが、残り3名は10日間の勾留がつき、依然として札幌中央警察署に勾留された状態にあります。わたしたちは警察の不当弾圧に抗議し、3名の釈放をもとめて、できるかぎり札幌中央警察署に抗議していきたいと思っています。
 そこで、みなさまにお願いがあります。以下の送り先(FAX)に、不当弾圧にたいする抗議メッセージを届けてください。「7月5日の不当弾圧を決して許さないぞ!」という意思を札幌中央警察署に届けましょう。


◆ 送り先

札幌方面中央警察署
FAX 011−242−0110(大代表)

※ 個人情報を把握されたくない方は、コンビニ等、自宅外からお送りください。


(以下、FAXのフォーマットです。コピペして使ってください。)

---------------------------------------------------------------------------


札幌方面中央警察署 署長 木葉 孝 殿

2008年  月  日



 7・5サウンドデモへの不当逮捕と勾留に抗議し、3人を即時釈放するよう要求します。
 また、運転手の逮捕にあたって強行したトラック運転席側のガラス窓等の破壊(器物損壊)の責任をとり、修繕費用をレンタカー会社に全額補償するよう要求します。





署名:
スポンサーサイト
   10:05 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/31-5a414538
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。