札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

【転載】反G8!反弾圧声明

−我々は路上で増殖しつづけ、圧倒的な自由の空間を創り出し、アイツらをもっと青ざめさせるだろう−

http://j5solidarity.blog116.fc2.com/

G8に対する路上からの異義申し立てが警察の暴力によって弾圧され4名が逮捕された。路上から言論表現の自由を行使していた市民に対して、警察は車の窓ガラスを叩き割り、暴行を加えて運転手らを引きずり出し、ありえない「犯罪」をでっちあげて拉致し去った。警察にとって道路交通法というのはデモを弾圧することを目的とする法律であり、また警察が使う「正義」とか「人権」とかいう言葉は日本国憲法とは関係のない、暴力集団の隠語だ。

*****

自ら発言し、行動する人々だけが、この社会では言論表現の自由など決して保障されていないということを知る。この社会が実態として「民主主義社会」であるなどということをなんとなく信じていられるのは、既存の社会秩序とそれを維持する権力に対して根本的には疑問や異義を持たない人間だけだ。というのも、この社会は、既存の秩序と根本的に矛盾しない程度の「異義」や「代案」ならばいくらでも許容するからだ。何の法的正統性もない密室の意志決定であるG8すら「なんとなく民主主義なのだ」と思われており、民主的に統制されているはずの警察や軍(自衛隊)が8人の陰謀会議を防衛し、これに抗議する(ためにデモをしているだけの)大勢の市民は、憲法を無視する警察から暴行を加えられ拉致されるという事態を、一体どう理解したらよいのだろうか?

*****

今回警察の暴行を受けて拉致監禁されている人々を含め、路上で声をあげた彼らや彼女らの多くは、何ら法的正統性もないにも関わらず「世界の頂上(サミット)」を気取る権力者どもが、「構造調整」や「規制緩和」の名の下に人々の生や労働や環境を、金の論理と戦争でズタズタに切り裂くような意志決定など、自分達は決して認めないのだということを、公共空間で意志表示していた。音楽を鳴らし、踊りながら。それは、既存の社会秩序に適応している、色褪せた権力の犬どもと奴隷どもには到底追い付けないほど力強い声の群れであるだろうが、しかしそれにしても警察どもは一体何を考えて、そんな意志表示を暴力で圧殺せねばならなかったのか?

警察権力はむしろ「テロを欲している」。今回とそれに連なる一連の弾圧は、そのようにしか理解しようがない。全く正当な言論表現の自由の行使であっても、そこに権力や体制に対する批判の芽があるかぎり、警察はそれを「テロ」だと規定する。警察は、既成の秩序に対する根本的な異義申し立ての声を「テロリスト」の声にデッチあげた上で、それらを即刻潰さなければ社会秩序がズタズタになってしまうという病的な脅迫観念に取り憑かれている。そのような強迫観念とそれに対応した警察権力によってしか社会を統治することができなくなってしまっているのだろう。警察権力は路上で群れをなす人々に対して特に決定的な怯えを抱いているのだろう。

憲法も法律も、最高裁の判例なども完全に無視して、ただただ強迫観念にかられ、法律をねじ曲げて人々に暴行を加えるような国家お抱えの暴力集団を前に、我々は何をなすべきか? 民主主義などという建前は見事に崩壊しているのだ。憲法に書き込まれた自由権、民主主義を、自らの力で、足元から再創造するしかない。誰かに保障してもらう「権利」など存在しないのだ。民主主義を標榜し、体現しているはずのこの社会の制度や法律も、人間が既存の権力秩序を破壊してゼロから作りあげようとしたものであるが、そのゼロ地点こそ反G8の声が響きわたったあの<路上>に他ならない。そのゼロ地点である<路上>に「踏み外す」自由が我々の中にあるか。ゼロ地点にたち戻って、我々の社会を我々の力で構成し続けないかぎり、「自由」も「民主主義」も色褪せたオモチャの名前に過ぎない。色褪せた権力の犬や奴隷たちは、「踏み外す」ことを社会の崩壊としてしか想像できずに怯える憐れな人々だ。G8に抗うものたちの存在と声こそ、どんなに色が豊かで活気に満ちて自由であることか!

我々は、アイツらの卑小な暴力など無効化してしまうような圧倒的な自由の空間を創り出すしかない。真の自由と民主主義が実現することを恐れているあいつらは、我々の<路上>に青い顔をして引きずり出され続けるだろう。警察が、<路上>で群れる我々の力そのものを恐れるのだとしたら、それはある意味では正しい。我々の力と我々が構成しようとする社会に、色褪せた暴力集団の居場所などないからだ。

*****

fufは、自らがいまこの場で自由を求め、民主的な社会性を創り出すために行動する仲間と共にある。外から押しつけられる法や制度がどんなに自由や民主主義を標榜したところで、そんなものは信じるに足りないことを知っている仲間、法や制度の外としての<路上>に踏み出して、地面から本当の自由や民主主義によって我々の世界を我々の力で作り上げる可能性を信じている仲間と共にある。

fufはG8に対する異義申し立ての声を絶対的に支持する。それを暴力で圧殺しようとした警察の愚劣な思惑に対して怒りをフツフツとたぎらせている。仲間たちよ、この怒りを交換して、暴力に支えられたあいつらの思惑を叩きつぶしてやろう。あいつらには理解不能な化学変化を社会に起こしてやろう。


警察はその腐った手をどけろ!
道を空けろ!
直ちに仲間を返せ!
スポンサーサイト
   14:03 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/29-9cde8d8c
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。