札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

押収品目録~領置の話

逮捕されてしまったとき、人はいったいどういう手続きで自由を奪われるものでしょうか。逮捕手続き時には、身体検査があり、逮捕時の衣服や所持品については留置する警察署が預ります(これを領置といいます)。この私物の領置については、司法警察官は品物の調べの書類(領置調書もしくは領置目録)を作成して、本人に確認させなければなりません。

同じく、押収物に関しては押収品目録を作成して本人ないし関係者などに交付しなければなりません。(刑事訴訟法第222条、第120条、規則96条)

刑事訴訟法
第百二十条  押収をした場合には、その目録を作り、所有者、所持者若しくは保管者又はこれらの者に代るべき者に、これを交付しなければならない。

しかし、ようやく8日になって交付された運転手の押収品目録にはトラック・エンジンキー・車検証があるだけです。黙秘している運転手の個人情報を把握して、勾留請求時に書類にあげたわけですから、運転免許証も押収もしくは領置したはずです。トラックを利用した公務執行妨害の現行犯というなら、この免許証も押収品となるべきものでしょう。なぜ目録に含まれていないのでしょうか。領置調書の方に回したということでしょうか。

しかもこの目録、交付対象者として運転手の氏名を明記しながら、押収対象者としては、いったん運転手の氏名を書いたものを二重線で消して「氏名不詳」と訂正してあります。中央署は氏名の割り出しに運転免許証を盗み見た痕跡を消したかったのでしょうが、交付対象者には氏名を書き残したままという不整合さ。こうした脱法行為を警察が平然と行う事態に愕然とします。

救援会は7日、中央署で担当の河田警備課長を呼び出して、サウンドトラックの荷台・運転席・助手席などにあった荷物を返せ、目録をよこせと要求しています。河田課長はトラックまわりにあった荷物については「押収品ではない」と言明して、その場で「警察がドロボーだ!」と騒ぎになりました。サミット対策で人手が足りないのかなぜか同伴していたマル暴の皆さんは、警備課の失態にまずいと思ったのか傍観するのみ。ところが前日の6日には、これらの荷物の返還について弁護士に話をした警備課次長は、これを押収品扱いするかのような口ぶりだったそうです。その上で返還できるとしていたわけです。しかし現実には押収品ではないからすぐに返せると課長がいい、その課長の立ち会いだけで荷物の返還を受けました。というか自分たちで荷物をまとめて撤収しました。結局、この運転手あての押収品目録はその翌日に交付されたかっこうになっています。なんですぐに交付しなかったんでしょうね? 押収品とするかどうかもまったく何も考えていなかったからこそトラック荷台の荷物の返還が遅れ、押収品目録にしてもすぐにつくってなかったってことなんでしょう。逮捕さえすればあとはもういいとでもいう態度です。たまったもんじゃありません。

また、他の2人については押収品目録がまだ交付されていないようなんですけど、いったいどうなってるんでしょうか。2人については押収品とするような所持品はなく、すべて領置しただけということだとすれば、「道交法」「公安条例」違反の採証は警察側の動画・写真記録だけでよかったということでしょうか。だけど荷台で逮捕された人については「旗を振り回して煽動した」とでっち上げたいようですね? それならその旗そのものだって押収品となるべきものだと思いますが、なぜ目録がないのでしょうか。いずれにしても、中央署の逮捕手続きは、逮捕・勾留の合理性を失陥させてあまりあるデタラメぶりです。

警察・検察は違法手続きを謝罪しろ。裁判官はきちんと仕事をしろ。今すぐ無実の3人を釈放しろ。冗談じゃないよ。

追記:
11日に「3人の自由を取り戻すぞ!デモ」の許可証を取りに救援会の一人が中央署に行った際、警備課の三浦係長が激励行動をやるななどと勝手なことをいうので玄関先で激論になり、三浦氏沈黙、河田課長応援。その際、救援会側が杜撰な逮捕手続きをも追及したところ、河田警備課長は「所持品や衣服については留置管理課にそのまま渡しているので領置品の扱いではない」「刑事手続ではない」と発言。そうなのか? またいい加減なことをいってるんじゃないか? とはてしなく疑わしかったわけですが、釈放直後の運転手の話では、逮捕手続き後に留置場に身柄を移されるときに領地目録がつくられ確認させられたそうです。おーい。河田警備課長はバレるウソついて恥ずかしくないのか。
スポンサーサイト
   09:13 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/19-e134ca6b
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。