札幌サウンドデモ7・5救援会

2008年7月5日、札幌で開催された「チャレンジ・ザ・G8 1万人のピースウォーク」のサウンドデモ部分への異様な過剰警備・弾圧があり、4名が逮捕されました(当日のまとめ)。しかしこれは逮捕というより拉致監禁と呼ぶべきまったく不当なものでした。警察に破壊されたレンタルのトラックはすぐには還付されず、トラックごと押収された荷物について札幌中央署の河田警備課長は「押収品ではない」と主張し、7日に返還するまで勝手に持ち去り所持する警察のドロボーぶりを自ら暴露。デモ直後にはウォーク参加者が札幌中央署前で抗議行動に尽力し、その日の初動救援を受け救援会が結成され早期釈放を追求、翌日よりカンパ要請を開始。弁護士もチームを組んで接見を開始、救援会とともに披逮捕者への支援を継続。7日早朝、検事送致(いわゆる送検)、救援会が中央署に駆けつけ押送時に激励、その後トラック以外の荷物を取り戻し差入ロイターのカメラパーソンのみ7日に検事釈放され、8日、ウォーク参加者の3名は地検に勾留を請求され、接見禁止処分付きで裁判官が認容勾留状は不当なものでした。また運転手への杜撰な押収品目録交付と警備課のウソ。9日、救援会が中央署の脇を通るデモ(12日)を申請・デモ呼びかけ。同日午後の記者会見後、署前で激励行動。10日、マニラで日本大使館抗議行動。11日、トラックが直接業者に還付される。運転手逮捕の押収品じゃなかったのか。12日国際連帯呼びかけ札幌で救援会のデモ、東京・大阪・京都・福岡で同日連帯行動、そしてベルリン、ソウルでも行動あり。中央署への抗議FAXキャンペーン(終了)。15日、勾留理由開示請求公判報告。16日、処分保留のまま全員釈放! 18日、報告集会。19日、抗議デモ。8月23日ふりかえる集会
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

【転載】7/5「ピースウォーク」4名の不当弾圧に対する抗議声明

「チャレンジ・ザ・G8サミット・1万人のピースウォーク」における4名の不当弾圧に対する抗議声明

「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働ワーキンググループ

 去る7月5日、ほっかいどうピースネット、北海道平和運動フォーラム、平和サミット北海道連絡会の主催による「チャレンジ・ザ・G8サミット・1万人のピースウォーク」が札幌市内で行われた。貧困・不安定雇用・社会的排除の問題の観点から、G8サミットに反対する取り組みを行ってきた私たち「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働WGも、この「ピースウォーク」に参加した。
 このデモに対する警察・機動隊の規制は、デモ開始時より常軌を逸していた。デモ隊列の横に張り付いた警察・機動隊は、交通安全上全く問題がないにも関わらず、車道の左端に強引にデモ隊列を押し込めようと常時圧迫をかけてきた。また、交差点では盾を敷き詰め壁を作るなど、デモ隊列を常時周囲から囲い込み、民主主義社会における当然の権利の行使としてあるデモンストレーションという表現を、完全に封じ込める過剰警備を行っていた。私たちはまず、海外からの参加者もあきれ、憤慨した、この異常な警備体制に強く抗議する。

 このような異常な空気の中、不当にも4名が逮捕された。
 うち2名は、デモ隊列の中段に位置して徐行していたサウンド車の荷台で、DJをしていた。サウンド・システムを載せたサウンド車のデモへの参加は、事前の警察へのデモ申請において認められており、警察とデモ責任者との複数回の話し合いの中で双方に了解されていた。そして、この2人のDJはサウンド車の荷台にいたため、デモの円滑な進行や交通を妨害するような行為をする状況にはなく、逮捕される正当な理由は見あたらない。サウンド・デモは参加者が自由に身体表現できるため、異議申し立ての意志を持つ若者を中心に広く行われているようになっており、それに脅威を感じる警察が、サウンド・デモの象徴的存在であるDJをねらい打ちして弾圧したことは疑いがない。
 また、逮捕された別の1名は、このサウンド車の運転を行っていた。警察・機動隊はデモの最中、サウンド車への威嚇・恫喝を執拗に繰り返しており、その尋常ならざる状況の中、デモの終了地点が目前に迫った地点で、警察は運転席の窓を叩き割ってドアロックを外し、運転手を暴力的に引きずり出して逮捕した。そのさまは剥き出しの暴力そのものであり、このような暴挙をはたらいた警察に対し、怒りを持って抗議する。
 報道によれば、逮捕は公務執行妨害と札幌市公安条例違反容疑によるもので、道公安委員会の許可したデモの条件に違反して隊列を広げようとした疑い、とある。しかし、そもそも主催者発表で五千人もの人々のデモを、わずか3メートルの幅に閉じ込めようとすることこそ表現の自由に対する不当な規制であり、その責任をサウンド車のDJと運転手に転嫁するなど盗人猛々しいとしか言いようがない。
 さらに残る一人の逮捕者は、報道によれば民間通信社のカメラマンであるという。警察・機動隊は、自らは重装備に武装しつつ、デモの中や周辺にいた丸腰の人々に対して無分別・傍若無人な暴力的振る舞いを行っており、逮捕者が警察に暴力をはたらいたなどという転倒した警察側の説明は、全く許し難い。
 このように、4名の逮捕はいずれも不当弾圧であり、許し難い暴挙である。ここに強く抗議し、糾弾する。

 今回のG8サミットに伴う警備や入国管理における警察と入管の傍若無人ぶりは、戦争状況下における民衆統制を連想させるほどで、対テロ有事体制下の治安弾圧の先取りとも言える。札幌で行われる集会に参加すべく韓国から訪問した農民団体19名は、長時間にわたって入国審査を受けたあげく入国を拒否され、帰国せざるを得なかった。彼らが数日にわたって入管で留め置かれるあいだ、寝具らしきものは一切提供されなかったという。新千歳空港に到着した韓国・民主労総の5名も同様の入国審査を受け、その過程で不当にも一人が逮捕され、同行の4名も入国を拒否された。全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部は、自分たちの労働・生活現場からの表現としてミキサー車で「ピースウォーク」に参加しようとしたが、ミキサー車でのデモ参加は認められず、一般車両としてデモ隊の横を通過することさえ機動隊車両によって阻止された。
 異常な対応は、G8関連集会への参加者に対してだけではない。札幌市街地、新千歳空港および洞爺湖周辺は、サミット警備およびその練習のために一般車両が公道でことごとく足止めされ渋滞しており、各方面で市民生活に深刻な影響を与えている。野宿者は、生活上必須なコインロッカーがサミット警備のおかげで使えず、野宿していたエリアでは退去警告や恫喝がなされるなど、明らかな排除策動をかけられている。治安対策の前では、野宿者の生存などどうでもいいというのが、当局の本音なのである。
 これら異常な警備・管理体制は、人々の声などには全く聞く耳を持たず、また、非常時であるとすれば人々の暮らしなど麻痺してもかまわないという政府の態度を表しており、そしてG8サミットの本質的な非民主的性質をそのまま反映している。今回の「ピースウォーク」に対する理不尽な弾圧は、まさにこのような人権を無視した管理・抑圧状況を反映して行われた。私たちは、この弾圧の中にG8サミットの本質を見る。
 私たちは、このような非民主的なG8サミットに改めて反対するとともに、この被弾圧者を一日も早く取り戻し、さらなる弾圧を許さず、引き続きG8サミットに反対する取り組みを継続する。

2008年7月8日

「G8サミットを問う連絡会」貧困・労働WG連絡先
電話:090-1429-9485(荒木) 
e-mail:nasubi@jca.apc.org(なすび)
http://www.jca.apc.org/alt-g8/blog/11
スポンサーサイト
   02:27 | Trackback:0 | Top
 
 
Trackback
 
http://j5solidarity.blog116.fc2.com/tb.php/13-c7c28d00
 
 
プロフィール
 

j5solidarity

Author:j5solidarity
札幌サウンドデモ7・5救援会
j5solidarity@riseup.net

 
最新記事
 
 
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。